唯一無二のやさしいタオルのタオルケット

タオルは選ぶものによって、柔らかさや肌触りが全く異なっています。直接お肌に触れるアイテムなので、出来るだけ柔らかくフワフワした質感にこだわる方も多いでしょう。寝具の中でもご家庭に1枚はあるタオルケットなども例外ではありません。安らかな睡眠をサポートしてくれる、そんなタオルケットは「やさしいタオル」のやさしいタオルケットです。やさしいタオルケットは、タオルの本場である愛知県今治市で作られています。パイルとガーゼの二重織で使用されているパイルはスーピマコットンで糸はLA加工のため柔軟剤を使用しなくてもふんわり柔らかに洗い上げることが出来ます。敏感肌やアトピー体質の方など敏感肌の方には、とても喜ばれるタオルケットとなっています。もちろんタオルケットだけなく、ハンドタオルやバスタオルなど様々なアイテムがあります。

やさしいタオルの正しい使い方

やさしいタオルは、肌触りが良くなるようにスーピマコットンを使用し、LA加工を施しているためとてもふんわりとやさしい質感を持っています。そのため通常のタオルとは少し使い方が違ってきますので、使い方やメンテナンス方法を知っておくと長く気持ちの良い質感を維持することが出来ます。まず第一に「塩素系漂白剤」「蛍光増白剤」などの含まれていない洗剤を使うことです。これらのものが入っていると、色あせや変色の原因になります。使用するなら粉石鹸や液体石鹸など蛍光増白剤が入っていないものを使いましょう。また柔軟剤などもタブーです。柔軟剤はいわばリンスのようなものなので、繊維をコーティングします。やさしいタオルの繊維は柔軟剤を使用しなくてもふんわりしているので、不要です。またコーティングしてしまうと、水分の吸収が悪くなり使いにくくなりますのでご注意下さい。

やさしいタオルに包まれて

タオルは、使用される用途によって、性質に違いがあります。水分を多く含んだり、ふわふわの感触を与えたり、様々な特徴を持っています。幼い子供を持つ親であれば、子供に触れるタオルには、気をつかいます。多くの親が、やさしいタオルで子供を、ふわふわ包んでくれることを望みます。また、タオルに使用されている素材についても、注意が必要です。肌が弱いと、それがトラブルの元になることもあります。素材も統一してストックしておくと、雨天時でも困ることなく、やさしいタオルが使用できます。タオルは、毎日使用することになるので、疲弊が激しくなります。痛んだタオルを、捨ててしまうのはもったいないです。手頃な大きさに切るか、縫うかすると、雑巾になり、掃除において使用することができます。また、破けた布地に、タオルを当て布にすることもできます。